焼き物探訪〜大谷焼編〜

『IKUNAS WEB STORE』

どうも、どうも、毎度のIKUNAS WEB STORE_もりもろです。
2015年11月14日(土)・15日(日)の二日にわたって、
鳴門市で「大谷焼窯まつり」が開催されました。
IKUNAS vol.2の特集で気になっていた、大谷焼。
それが一堂に会するお祭りだなんて……行くしかない!!!!!
と、迷子の不安を抱えつつ旅立ったもりもろなのでした〜〜〜*
IMG_3048.jpg
「大谷焼」は、徳島の伝統的工芸品で、
二人組で作業する寝ろくろを使って作られる、大きな甕(かめ)が有名だそう。
その大きな甕は、徳島の伝統工芸である藍染めも支え続けています。
近頃では、暮らしを彩るさまざまな技法の焼き物がつくられているとのことで、
掘り出し物をわくわく探しに出かけたのです!

「大谷焼」は、『IKUNAS WEB STORE』
「四国クラフト」「酒器特集」でもご覧頂けます。
ぜひ一度ご覧くださいませ!!!!

雨が降ったりやんだりの、ぼんやりとした雲行きのなか、鳴門へ向けて出発。
教習所以来、高速に乗っていないので、安定の一般道ドライブです!(高松から90分ぐらいでした〜)
大通りから、ローカル道に折れて進んで行くと、なにやら赤いのぼりがあちこちに立っています。

ootani-01.jpg

「大谷焼まつり」!!!!! ち、近いぞ!!!!!! きっと!!!!!
じわじわまっすぐ進むと、警備員のおとうさんが! この辺かな!!!!????
会場近くの駐車場を案内していただいたのですが、
お昼ちょっと前という時間なのに軒並み満車。そして、家族連れで歩く人の姿も多かったです。
否応なくテンションが上がってきて、競歩で会場となるお寺を目指します。

ootani-02.jpg

会場は立派なお寺の境内。
手前には美味しそうな食べ物の屋台がわいわい。そして、お目当ての大谷焼まつりはその奥。
すでにたくさんの人でにぎわっています。私もえいやーと飛び込みました!
蓮とか金魚とかを育てるのにしっくりきそうな大物の甕(かめ)。
食卓を華やかにしてくれそうな食器、来年の干支、さるの置物……
ほんとうにバラエティ豊かなラインアップです。
大谷焼について、甕のことしか知らずに出かけると、
あまりの多種多様さに面くらってしまいました。
優柔不断な私は、結局どれも選びきれずに帰ってきてしまいました。

帰りに食べ物の屋台の横で、学生さん(小学生かなぁ??)が作品を販売しているのを発見。
どれどれ……と、覗き込んでみるとルーシーリーもびっくりな、ネジネジのかわいい箸置きが!
これこそ掘り出し物!!!!!
しかし、ここでもカラフルな色の中から選びきれず……(優柔不断のきわみ) うぅ……

決定力不足が浮き彫りになったところで、お寺をあとにします。
大谷焼まつりに向かう道中にも、窯元やお店が点在しているのが分かりました。
会場のすぐそばにもお店があったのでどきどきしながら潜入!
ootani-03.jpg
(ここにも大甕がわんさか置いてあります)

ため息のもれるような、魅力的な焼き物がところせましと並んでいます。
こんな器にお料理を盛りつけたらカッコいいだろうなぁ〜とか
こんな徳利でお酌してもらったら格別だろうなぁ〜とか
もう、羨望としか言いようがありません。
(お店に来て分かったのですが、
大谷焼まつりに並んでいるお品は通常よりお値打ち価格でした◎)
IMG_3078.jpg
さてさて、そろそろお正月の準備も考えていると思いますが
新年を祝うお酒を頂くには、大谷焼の酒器なんておつかもしれません。
その造形に、お気に入りの景色を発見する楽しみを味わいながら
気の置けない人との大切な語らいの時間を過ごしたいものです。

「大谷焼」は、『IKUNAS WEB STORE』
「四国クラフト」「酒器特集」でもご覧頂けます。
ぜひ一度ご覧くださいませ!!!!

来年は大谷焼でお酒を頂きたい、IKUNAS WEB STORE_もりもろ がお届けしました◎
四国のいいものが大集合の『IKUNAS WEB STORE』もぜひご覧下さい!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

IKUNASg

Author:IKUNASg
「IKUNAS」で流れる心地よい時間を日々お届けします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR