FC2ブログ

vol.10「讃岐のり染め Mat」

$日々のトコてく。


以前、大川原染色本舗の「vol.4 Toteドット」をご紹介しました。


vol.10は、『Mat』。

香川の伝統的工芸品「讃岐のり染」から生まれたランチョンマットです。

元々、この大胆に描かれた絵は、獅子舞の時に使う獅子胴体の布の部分、

その迫力ある一枚の絵の中から、模様を一部切り取り、新たに綿布にのりを置いて

全て手作業で一枚一枚描かれています。


$日々のトコてく。  $日々のトコてく。


牡丹はピンクとブラウン、松はカラーとモノクロの4種類です。

昔からおめでたいといわれるモチーフに、さりげなくドット柄をプラスすることで、

現代の食卓でもなじみやすく、華やかな演出をしてくれるデザインとなっています。



$日々のトコてく。


食器の置き場所によって、柄の変化を楽しめるように考えられています。

最後、お皿をさげてもらった時に、一枚の絵として鑑賞していただきたいと、

大川原さんはおっしゃっていました。

食事を楽しんだ後のことまでを考えているなんて、作り手さんの粋なはからいに

なんだかうれしくなります。



7月28日(土)~8月26日(日)まで、かまどホールにて、

『讃岐のり染展』を開催しています。

獅子舞の油単(胴体部分の絹布)、江戸時代から昭和の初めまで使われていた嫁入りの

油単の柄を復元した壁掛けなど、迫力ある作品を展示しています。

香川が誇る工芸品「讃岐のり染」の世界をお楽しみください。



「讃岐のり染 Mat」の通販はこちらから。

(IKUNAS WEBSTORE→讃岐ざんまい→讃岐のり染)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

IKUNASg

Author:IKUNASg
「IKUNAS」で流れる心地よい時間を日々お届けします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR