vol.8「西山千代子作品 貼りあわせ」砥部焼

愛媛県砥部町。


奈良、平安時代から続いているといわれている、「砥部焼」は、

ここで生まれています。



多くの窯元が集まり、日々作品を生み出している中で、

生石窯の西山千代子さんは砥部焼で新しい挑戦をされています。

西山さんの代表作は、「貼り合わせ」シリーズ。

砥部の土を貼り合わせて形成していき、細い針で絵を描き、そこに何度も釉薬をかけて

焼いていきます。


$日々のトコてく。

「貼り合わせ 茶碗」5,250円。 


西山さんの作品は一つとして同じものはありません。

まるで自分が物語の中にいるようなそんな気持ちで思わず、眺めずにはいられなくなります。


$日々のトコてく。

近寄ってみると、、、!


$日々のトコてく。

西山さんの作品には、どこかにねこちゃんがいるのです。


「貼りあわせ」シリーズは、茶碗の他にマグカップやお皿、ボウルなど様々な

シーンにあわせた作品を作られています。


$日々のトコてく。

「草灰小丸皿」840円

貼りあわせではありませんが、こちらも西山さんの作品です。


$日々のトコてく。


手のひらの中央にちょこんという大きさの豆皿で、何をのせようか想像がふくらみます。






「椀のかたちー、とりわけ内側に心惹かれます。


包まれていながら外に向かう空間をもっていると思うからです。


天空のようにも感じられます。


そこに花やいきものを描くと、小さな宇宙ができ、物語が生まれます。


私のささやかなよろこびです。      西山千代子」






西山千代子さんの作品は、今後IKUNAS通販でもご紹介する予定です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

IKUNASg

Author:IKUNASg
「IKUNAS」で流れる心地よい時間を日々お届けします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR