FC2ブログ

vol.5「組手ボールペン」

香川の伝統的工芸品「組手障子」。


昔から、日本建築にはかかせない室内を間切りするための、障子。

その障子に、組手の技術を使い様々な装飾を施すようになったのは、

江戸時代末期ごろからだそうです。

くぎや接着剤も使わず、木と木を組み合わせることにより、美しい伝統的な模様を

完成させるまでには、職人の熟練の技が必要です。



この「組手」の技術を用い、新しい商品ができました。

森本建具店の「組手ボールペン」です。


$日々のトコてく。

素材が「木」とは思えないような、ゆるやかなラインが美しいですね。

これも組手の技術です。

木材はメープルとウォールナットを使用しています。



$日々のトコてく。

持ちやすいフォルムになっていて、適度な重量感もあり、書き心地もなめらかです。



$日々のトコてく。

この組手ボールペンの他に、小豆島産オリーブの木で作ったボールペンも作られています。(写真
一番上)
今後、オリーブで染めたペンも作られるそうで、そちらも楽しみです。



組手ボールペン 5,775円(ケース、箱付き)

小豆島オリーブボールペン 5,775円(ケース、箱付き)



☆名入れも承っています。一本につき 1,000円。

詳しくはお問い合わせください。


IKUNASgでは、先日から店頭に並んでいますよ。
通販のページは近日中にアップする予定です。



こだわりのある大事な方への贈りものにも、喜ばれそうですね。

もちろん、自分へのごほうびとしても。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

IKUNASg

Author:IKUNASg
「IKUNAS」で流れる心地よい時間を日々お届けします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR