FC2ブログ

小豆島オリーブクラフト 

OLIVE!展 終了まであと3日 となりました。

ご来店いただいたみなさまありがとうございます。

今日は、このOLIVE!展で、一番お伝えしたい作品をご紹介します。


香川県の小豆島は、おだやかな瀬戸内海のほぼ中央に位置する恵み豊かな島です。

小豆島は、温暖で雨が少なく、オリーブのふるさと地中海地方によく似ている気候のため、

約100年前の明治時代から、オリーブの栽培がさかんに行われてきました。


歴史のある小豆島産オリーブの木を使い、小豆島在住の木工職人「田村龍二」さんの

細やかな手仕事により、日々に使える道具が数々生まれました。



$日々のトコてく。


$日々のトコてく。


$日々のトコてく。


オリーブの木は油分を多く含んでいる為、乾燥するまでかなりの月日が必要で、

乾燥して、やっと作品づくりがはじまります。

オリーブといえば木目の美しさが特徴ですが、太い木の中心部分しか使えないので、

多くはとれず、とても基調な素材であり、木自体がとても固いので、加工するのはとても

根気がいる仕事なのです。

そして驚くほど表面がなめらかで、口当たりもいいので、赤ちゃんの離乳食スプーンにも

おすすめです。



どうぞ、最終日までに是非、実際手にとって職人の技をご覧ください。


$日々のトコてく。



$日々のトコてく。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

IKUNASg

Author:IKUNASg
「IKUNAS」で流れる心地よい時間を日々お届けします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR