FC2ブログ

砥部焼 西山千代子「貼りあわせ」入荷。

今日は、IKUNASgで新しくご紹介させていただくことになった、作家さんのお話。


愛媛県砥部町で、ご自分の窯を持ち、「砥部焼」の可能性をどんどん広げている
西山千代子さん。

砥部焼といえば、白磁に、呉須と呼ばれる薄い藍色を手書きで施していく手法。
西山さんは、その砥部焼の磁土を「貼りあわせ」という技法で、作っていきます。

そして細い針のような道具で、絵を描いていきます。
西山さんのインスピレーションで、一つの器の中に世界が広がっていきます。
同じものは一つとしてないのです。



$日々のトコてく。
「貼りあわせ 鉢 小」6,300円


$日々のトコてく。
「貼りあわせ だえん深鉢」12,600円



「器の底をのぞくと、空を中心に街が囲んでいるんですよ」と西山さん。

ずっと長くながめていたい、そんな西山さんの器です。

$日々のトコてく。


マグカップと深鉢などもありましたが、ここでご紹介する前にお嫁にいきました。
現在、制作中ですので、他の形も入ってくる予定です。

WEB通販でも販売する予定ですので、お楽しみに。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

IKUNASg

Author:IKUNASg
「IKUNAS」で流れる心地よい時間を日々お届けします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR