スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳元を飾る漆のアクセサリー

美しくて繊細な漆のアクセサリーがテレビで紹介されました。
 ~西日本放送・シアワセ気分『郷土の逸品』のコーナー 毎週土曜日9時25分から放送~

漆が醸し出す質感。深い黒と艶やかな朱色、やわらかな白。
細かな花びら一枚一枚に、漆ならではの艶やかな色が施された「うるし花アクセサリー」シリーズです。

デザインもそっと耳元を彩ってくれる可愛らしいサイズから、華やかにみせてくれる大ぶりのものまでいろいろ。ひとえ咲、やえ咲、みだれ咲、しだれ咲とネーミングの付け方も素敵なんですよ。

手がけているのは、漆作家の漆原早奈恵(うるしはらさなえ)さんです。

漆の魅力は?と聞くと、「脈々と受け継がれてきたその歴史自体」だと話してくれました。

なんと漆は、縄文時代から現代に通じる技術が確立していたそうで、接着剤や塗料として、何千年も前から重宝されてきたそうなんです。それから何千年もの間、時代時代で形を変えながらも、進化をとげ、一滴の樹木から生まれた漆は、国宝になりその美しさを認められるまでに…。そこにロマンを感じるのだといいます。

漆にかぶれながらも、天然の恵みだと気づいた古代の人たち、本当に敬意の念を抱かずにはいられませんよね。

0222B-028.jpg

漆の魅力をより身近に感じてもらいたいと、身につけられて、手に取りやすい、アクセサリーの制作を始めたのだそう。「このアクサセリーをきっかけに、次の漆へと繋がって欲しい」と漆原さん。
漆を残し伝えていくことは、伝統や文化を残すだけでなく 古代の人々の生き方も残していくことかもしれませんね。

IMG_0705.jpg

作り方も実に細かいんです。花びら一枚一枚をワイヤーでつくり、一つひとつに漆を塗っています。
漆は、厚く塗ると表面にシワが入ってしまうそうで、このアクセサリーも薄く漆が施されています。
1回の塗りの厚さは0.08mm、なんと新聞紙の半分の厚さなんだそう。色を均一にし、より頑丈にるすために、表には3回、裏には1回、塗っては乾かしを繰り返して、やっと完成します。
塗りの濃淡もそれぞれ異なっていて、おなじピアスでも光の当たり方で、違った印象を見せてくれるんですよ。

04_IMG_8262.jpg

うるしは樹液ですから、原液自体は茶色。淡い色を出すのはとても難しいと言われます。
この作品も真っ白ではなく、クリーム色の様な独特の白が生まれます。とっても柔らかな白は漆独特の色なんですね。女性らしさを惹き出してくれそう。

また、漆を塗ることで耐久性や耐水性も高まりますから、雨や汗などにも強く安心して使う事ができます。日常使いにこそ最適なんですよ。

「漆は、使うほどに段々と色が透明になって、鮮やかになあめ色になるところがいいんです」と
漆原さん。艶や風合いなど、漆は使ってはじめて魅力を発揮します。
売っているものが完成品なのではなく、使い手によってより美しく変化していくんですね。

IMG_8098.jpg


今回ご紹介した漆のアクセサリーは、IKUNAS WEB STOREでお取扱しております。
ピアスだけでなく、イヤリングもご用意していますので、ぜひご覧ください。
IKUNAS WEB STORE⇒




スポンサーサイト

夏だからこそ巻きたい保多織のストール

IKUNAS vol.5 の発売に合わせて新しく立ち上がった保多織のストールブランド「une (ウネ)」、
季節の変わり目だけでなく、夏だからこそいつも持ち歩きたいストールです。

17799985_1259177260856220_7336071229898037554_n.jpg


保多織の特性である、凹凸のある生地感が汗をかいた肌にもサラッとして快適です、
そして作るときにこだわったサイズが大判であること!
これは、肩からの日除けや冷房除けになるようにデザインしたもの。

「une」は読者参加型の商品企画として、様々な方から意見をいただいて作ったというのもおすすめのひとつなのですが、
特にストールが好き!という共通点でお集まりいただいたみなさんの意見は、
どんなサイズ感で、どのくらいの長さが使いやすいかと、
今までたくさんのストールを使ってきた方たちから出る意見は実感がこもっていて実用的。
そんな使い方があったの!ストールってほんとうに使える!と感激するポイントも。

そんな皆さんに夏服に合わせたコーディネートを教えてもらいました!

ストールづくりに協力して下さった皆様のの詳しいご紹介はこちら→

スタイル#1
イラストレーターのオビカカズミさんはグレーとベージュの2トーンのストールを白のワンピースで。
青いカーディガンがキリッととアクセントになっています。

IMG_4784.jpg

FullSizeRender_20170620150417d7c.jpg




落ち着いたトーンのストールだからこそきれいな色や、柄物にも合わせられる万能なストールは、
保多織とカシミヤ混のスウェットの柔らかな肌触りが、冷房除けにぴったりです。

スタイル#2
GRAPH.の松岡さんは、ロングスカートに合わせてコンパクトにまいたスタイリングが素敵。
薄く、柔らかい生地だからこそ、コーディネートに合わせて印象を変えることが出来ます。
コンパクトにまとめることで、帽子などのアイテムとのバランスも良くなりますね。

FullSizeRender.jpg

IMG_4655.jpg




もちろん「une」のストールは全てネットに入れて洗濯機で洗うことが出来るので
汗をかいても気持ちよく使えるのも嬉しいポイント。
なんといっても「保多織  多年を保つ=丈夫」ですからね。
いっぱい使って繰り返し洗濯して使って欲しいです。

IKUNAS WEB STOREでも購入いただけます→




【NHK「美の壺」】陶芸作家・西山千代子さん登場!

今日はIKUNASギャラリーでもお取り扱いしている作家さんの
テレビ放映のお知らせです。

「はりあわせ」の器が人気の陶芸作家・西山千代子さん。本日【NHK「美の壺」】で取り上げられます。

 放送は、本日4月7日(金) 午後7時30分~午後8時
      BSプレミアム 「美の壺」 

暮らしの中に隠れたさまざまな美を紹介する美術番組で、
今回は砥部焼の特集だそうです。

IMG_7829_R.jpg


パッチワークのように、いくつもの粘土片を重ねた「はりあわせ」という西山さん独自の技法が使われた器は、
全国にファンが多く、どこかで目にしている方も多いのではないでしょうか。
それぞれの粘土片に、細い針で描かれた、鳥や花、生き物たち。
そこには、ひとつひとつ物語があり、眺めているだけで、幸せな気持ちになれますよ。

砥部焼・西山さんの作品の魅力をぜひご覧になってください。

西山さんの作品は、IKUNASギャラリーでもご覧頂けます。
遠方の方は、お電話やメールでもお問い合せください。

実際に手に取っていただくと、人を惹きつける作品の良さを感じてもらえると思います。



IKUNASg お問い合せはこちらから
http://www.tao-works.jp/ikunas/toiawase/toiawase.html

IKUNAS vol.5 いよいよ発売!

みなさま、大変ごぶさたしております。
いかがお過ごしでしょうか。


3月も終盤。
新しい年度へ向けて、何かと忙しい時期ですが、
3/31に、いよいよ5号目となるIKUNASが発売されます!


実は今日、
編集部にできたてホヤホヤの本誌が届きました。

IMG_0281_R.jpg


「いま、気になるもの」がテーマの今号では、
巻頭特集で香川の伝統工芸としても知られる「漆」を取り上げました。

香川漆芸の歴史や技法の数々、人間国宝さらには若き漆芸家たち。
さまざまな視点から香川漆芸を見つめた読みごたえのある内容です。

四国のまんなかにある桃源郷として知られる徳島県・祖谷からは、
実際にそこに住まう人の目線で伝える「桃源郷での暮らし」を紹介。

このほか、「わざわざ行きたいパン屋さん」「みとよ旅」など、
四国の魅力を満喫できる1冊になっています。


もうすぐ、各地の書店さんに並ぶことになります。
この赤い表紙を見たら、手に取ってみてください。

立ち読みするにはちょっと濃すぎる内容かもしれませんので、
そのときは、ぜひおうちに連れて帰ってやってくださいね!





2016年 ゆく年くる年。

この一年を振り返り、ご挨拶申し上げます。
今日の香川は暖かなな陽射しが讃岐平野を包み込んでいます。
今年も穏やかな気持ちでこの一年を締めれそうです。
この日を迎えれる今の環境に本当に感謝いたします。

2009年に法人にしてからは組織づくり、人づくりに力を入れてきました。
女性ばかりの会社で、結婚、出産、子育てなど環境が変化しても
無理なく仕事が続けれる環境を作っていく部分は、
現在も試行錯誤しながらスタッフの意見を聞きながら組み立てをしています。

常にベストポジションの人配置で運営しているので
体制に応じたタイミングで店舗のお休みであったり、営業時間であったりと変化をしてまいりました。
お客様には多大なご不便をおけかしております事心苦しく思っております。
「さぬき時間を楽しむ」でスタートしたIKUNASの活動ですが、
今しかできない事をやれる方法を見つけて行動し、楽しんでもらえる上質な発信をしていきたいと考えております。
引き続きのご愛顧どうぞよろしくお願いいたします。


最後になりましたが、2017年の先取り告知をさせていきただきます。

3月末にはIKUNAS - FLAVOR OF LIFE -vol.5の発行いたします。
香川県の「漆」の大特集です。
産地としての恵まれた環境が広がっている大きな魅力を
IKUNASの視点で、どういったアプローチで発信しようかとワクワクしながら取材を進めています。

4月には、金比羅参道でお酒を嗜みながらものづくりを楽しむを趣旨にしたものづくりイベントを開催します。

IKUNASの上フロア3F「3rd TIME」も
より、ものづくりを楽しめる環境とおいしい食の発信をするキッチンとして2月にリニューアルオープンです。

花園町がもっと面白い場所になるように。


これから出会う方も、出会っている方も、
2017年、どうぞ宜しくお願い申し上げます!


株式会社 tao.
代表取締役 久保 月
プロフィール

IKUNASg

Author:IKUNASg
「IKUNAS」で流れる心地よい時間を日々お届けします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。